悩んでいるカップル

交渉をする

ガッツポーズの男女

残念ながら離婚をすることになってしまった時、配偶者の有責であれば慰謝料請求をすることができます。配偶者の有責の例として、浮気・不倫、暴力、モラルハラスメント、経済的DV、セックスレスなどが挙げられます。また、浮気や不倫の場合には、浮気や不倫の相手にも慰謝料請求する権利があります。 慰謝料請求の流れとしては、まずは当事者間の話し合いである示談による解決を目指します。示談では条件がまとまらない場合には、民事訴訟を提訴するか、離婚調停や離婚裁判によって争います。 示談の場合も、調停や裁判になった場合も、交渉を有利に進め、好条件で離婚を成立させるためには、離婚問題に強い弁護士に依頼し、仲裁に入ってもらうのが有効です。

離婚問題の解決にかかる弁護士費用は、50万円〜70万円が相場です。離婚にかかる弁護士費用は、離婚そのものの弁護費用と、慰謝料・養育費・財産分与などのその他の条件に関する弁護費用の2種類で構成されます。前者は着手金として一定額を契約時に収め、後者は成功報酬として受け取った金額に応じて請求されるケースが多いです。 このように弁護士費用は結構な額になりますが、離婚によって獲得できる慰謝料の相場は、100万円〜300万円です。また、浮気や不倫ならば、配偶者と不貞相手の両方にそれぞれ請求できます。例え弁護士費用を支払っても、弁護士に依頼することで交渉や裁判を有利に進めることができれば、弁護士費用を補うだけのメリットがあります。

条件がある

女性と説明する男性

慰謝料の請求をすることができる条件があります。その条件が離婚相手に不愉快な行為をされたかが重要になります。不愉快な行為をされている場合は、それが原因で離婚をしたということになるため慰謝料を貰える可能性があります。

» Read more

交通事故に注意

悩んでいる男子

交通事故に巻き込まれてしまうと、病院での治療が必要になります。しかし、事故の後遺障害が残ってしまうこともあり、その場合は保険会社に後遺診断書を提出して申請する必要があります。

» Read more

専門家に相談

女性の悩み

結婚した後、残念ながら離婚となってしまう夫婦は少なくありません。日常生活の不満で離婚をする前に、弁護士や法律の専門家に相談して離婚の手順や手続きを理解しておく必要があります。

» Read more